mail

基本に忠実に

2018.12.17

いつもコラムをご覧いただきまして有難うございます。

コラムを書いておりますのは代表トレーナーの前田です。

 

パーソナルトレーニングと言いますか、

ワークアウトと言いますか、

筋トレと言いますか、

何はともあれ、鍛える人が増えていますね。

 

これは非常に良いことですので、是非継続して頂きたいと考えております。

それはW-GYMに来てほしいとかそういう商売っ気のある話ではなくて、

元氣な人がより元氣になることが大切だというお話です。

 

そう、ポイントは「元氣」でいるということ。

 

私はフィットネスクラブやスポーツの現場に携わって来た経験から、

どうしても鍛えすぎたり、誤った、或いは偏った鍛え方をしてしまったりして、

元氣=健康を害してしまう方々を多く見てきました。

 

そういった悲劇の数を減らしたいという想いがあります。

 

スクワットをしましょう。

デッドリフトをしましょう。

 

足腰を鍛えましょう。

背中を鍛えましょう。

 

柔軟性を高めましょう。

美しく動きましょう。

 

W-GYMでのセッションはこういった「基本に忠実」に進めます。

これは、ただ単純に見栄えをよくする為の短絡的な方法ではなく、

元氣を創り出すための本質的な手法であるのです。

 

「鍛えること」は目的ではなく手段です。

目的は、「より元氣になること」です。

そんな本質的かつ基本的な目的に対する手段は、

「基本に忠実に」であることが多いのです。

 

もちろん、人の身体は十人十色。

誰しもが少しずつ他の人とは何かが違います。

 

パーソナルトレーニングはその微妙な違いにアプローチできるのが

1つの魅力です。