mail

ずぼらエクササイズの罪

2021.7.15

最近ではYoutubeやSNSで

手軽にエクササイズ動画を

見ることができるようになりました。

 

しかし、注意が必要な情報も多いものです。

 

今回取り上げるのは、

寝転がったままや座ったままでもできる

エクササイズについてです。

 

何故その姿勢で鍛えるのか?

確かに、寝転がった状態や、座った状態で

エクササイズをすることはあります。

 

それはその姿勢の方が

目的に対して的確な手段だからです。

 

ここで大切になってくるのは

目的ということになりますが、

もっと重要なのは、

なぜその目的が生まれたのかという話です。

 

運動の目的は何か?

ここからはあくまでも一般論として

読み進めて頂きたいのですが、

現代人はかなりの確率で運動不足です。

 

エクササイズを実施する目的は

運動不足の解消にあるわけです。

 

運動不足だから体型や体調が

崩れているということになります。

 

運動不足とは何か?

運動不足だから、エクササイズをすることで、

体型や体調を整えましょうと言う話なのですが、

運動不足とはそもそもどういう状態でしょうか。

 

簡単に言えば、歩いていない、座りっぱなし、

ゴロゴロとスマホやパソコンの触りすぎです。

 

ということは、運動不足の解消には、

Youtubeを見て寝転がったままとか、

座ったままエクササイズをすれば

それでよいとはどうも思えません。

 

確かに何もしないよりはましだとしても、

そもそもまず立ち上がらないと

いけないのではないのかとか、

歩かなくてはいけないのではないだろうかとか、

一旦画面から離れた方がいいのではないのか、

という話になってきます。

 

姿勢変化がポイント!

ある研究では血圧調節機能を

正常な状態で維持する為には、

立ち上がって座ってまた立ち上がるという

姿勢の変化が1日に32回必要だとされています。

 

大切なことは、姿勢を変化させることなのです。

 

人間と言うのは動物ですから、

動き回ってナンボとも言えるでしょう。

 

だから静物と化してしまうと、

体型や体調が崩れるのです。

寝転がったままとか座ったままで

万事OKということはないのです。

 

ずぼらすぎるのはよくない。

ずぼらエクササイズと言うのは

言葉の雰囲気としては悪くないなと思います。

ですが、ずぼらでもいいですから、

立ち上がったり座ったり、歩き回ったり、

特に意味のないダンスを踊ってみたり

した方がよいのではないでしょうか。

 

寝転がって腹筋運動をして

シックスパックを作るというのも、

個人の目標として設定することを否定はしませんが、

そもそも運動不足であるなら

まず立ちましょう、歩きましょう、ということです。

 

そう言えば身体の均整が素晴らしいアスリートは、

沢山動いていますよね。

 

この様なものの見方で

エクササイズ動画を見てみましょう。

 

もしかしたらそんなものを見るよりも、

外を散歩する方がよいかもしれません。

 

【代表トレーナー】