mail

代表トレーナー前田岳人

TRAINERトレーナー紹介

きっと、もっと、素敵な自分に出逢える。

代表トレーナー

前田岳人Taketo Maeda

代表トレーナー 前田岳人

中学時代より陸上競技短距離を専門として競技に没頭し、高校時代は県大会優勝、国体出場、大学時代にも地区大会優勝やインターカレッジ出場などを経験しました。100mの自己べストタイムは10秒5。今や日本記録が10秒を切る時代に突入しておりますが、パーソナルトレーナーの持ちタイムとしては速い方でしょうか。また大学ではスポーツサイエンスコースで、アスリートやトレーニングの動作分析を専門に学修し、首席にて卒業しました。卒業後はフィットネスクラブ社員スタッフとして勤務し、パーソナルトレーニング、スタジオレッスン、各種プログラム開発、新店立ち上げ、その他設備関係の管理やスタッフ育成などに従事してきました。今春独立し、こちらのジムにおいて代表トレーナーとして 皆様とのご縁を頂戴しました。

トレーナーイメージ

競技人生の中ではある程度の成績を納めてきましたが、そこに至るまでは決して順調であったとは言えませんでした。特にけがをしやすい選手で、走っては身体を痛め、走っては身体を痛め……の繰り返しでした。実は大学に入ってから2年ほどはまともに走れず、高校時代のべストタイムを更新できずにいました。競技を辞めようかとも考えましたが、当時新しく赴任されたコーチから、「まず姿勢を治しなさい」「フォームがダサいから修正 しなさい」「もっとリラックスしなさい」などと基本的な部分をご指摘頂き、劇的にタイムが向上、フォームもカッコよくなり、悩みであったけがも再発することはありませんでした。併せてスポーツサイエンスコースでトレーニング理論等を学んだことも奏功し、以降は悔いがないとはもちろん言えませんが順調な競技人生であったと考えています。
この時気が付いたことは、パフォーマンスが飛躍的に向上した頃から、体型=スタイルがよくなったということです。この経験は競技スポーツのみならず、一般的な人々の身体づくりにもそのまま応用できると考えております。詳しくは、「コンセプト」、「ワークアウトについて」をご覧ください。きっと、もっと、素敵な自分に出逢える、そのきっかけになる場所としてあなたの人生に少し関わることができればよいな、と心から想っています。