mail

健康診断の数値

2021.9.21

健康診断受けてますか?

健康診断を皆さんも受けているかもしれません。

特に血液検査で、異常な数値があって、

不安になった時もあるかもしれません。

 

実は、健康そのものであっても、

血液検査の数値は高い確率で異常値が出ます。

へ?と感じた方いるとおもいます。

今回はそんな健康診断に潜む問題に迫ります。

 

異常値は本当に異常か?

そもそも検査の会社によって

正常値としている範囲が異なります。

また、正常の人の95%が

含まれる値としているので、

多数の検査項目があると、

高確率でどれかは異常値となりえます。

 

もちろん本当に病気の場合もありえますが、

多くの場合食生活や健康状態の悪さを

正確に反映しているのか、

解釈の余地があります。

以前、スリムな体系の人が、

「健康診断の結果を見て、

コレステロールの値が高かったから、

一日断食した。おなかがへこんで

体重が1.5㎏減った」

と言っていましたが、

そもそも、そのコレステロール値が

自分にとっては異常でない

(すなわち、病的でない)

可能性が十分にあります。

 

検査結果を冷静に判断する

健康診断の結果を見た瞬間から

いきなりの、極端な絶食、食事制限は禁物です。

まず、検査値が反映しているかどうか

振り返ってみたほうがいいですね。

(一日断食すると、水分だけ減るので

見かけ上体重は減ります。

また、一度断食のような

ストレスのかかる行為をやってしまうと、

習慣化が妨げられてしまいます。)

ちなみに僕は体脂肪率10%前後だと思いますが、

コレステロール値はいつも正常上限よりやや高いです。

筋トレをしているので腎機能が悪く出てしまいますし、

BMIは24前後、腹囲も86㎝で、

「(ガチの)メタボリック症候群→

もっと運動しましょう!」と判定されました。

 

検査結果を冷静に判断し、

適切な行動がとれるようにしておきましょう。

 

【顧問医師】