mail

リストラと身体の痛み

2021.6.8

原因不明だが……痛み

W-GYMにお越しのお客様の中にも、

通い始めた時のカウンセリングで、

なんだかよくわからない身体の痛みを

訴える方が多いと、

代表トレーナーから報告を受けています。

 

もちろん、原因不明の身体の痛みは

重大な病気が原因だったこともありますので、

原因の除外が必要です。

医師は診断を付けるにあたって、

身体を動かしても痛みが生じない場合、

内臓系の病気による痛みを念頭に置きます。

身体を動かしたり、

たたいたりすると痛みが生じるとき、

筋肉または骨の痛みと判断しますが、

原因がわからないことが結構あります。

 

リストラが発生する会社で……痛い

コラムではその中には社会的な理由が

かなり占めているのではないかと紹介してきました。

今回は紹介するのは、人員削減(リストラ)です。

 

リストラがあった会社の事例ですが、

会社に残された人の筋骨格障害が

増加するという報告があります。

中には、障害による欠勤が5倍も

跳ね上がるという報告もあるんです。

 

個人的に報告を受けた事例では、

派遣社員の継続雇用を

いきなり打ち切ったために、

残った人たちのストレスが激増して、

やがて全員退職した会社があります。

 

ある日、突然用済みを言い渡される

緊張感や不安感は大きく、

体の痛みとなって表れてくるのでしょう。

 

不安を取り除いて……痛くない!

収入や生活の不安があると痛みが生じるとすれば、

副業してポートフォリオを組んだり、

収入が安定するように工夫することは

メリットということですね。

 

事実、副業をしている人のほうが、

本業での人間関係もよくなるという報告があります。

収入の安定による余裕が生まれるからでしょう。

 

お金や将来の不安に行動して対処することは、

今の身体を守ることに

つながるのではないかと思います。

 

リストラのような将来の不安、

みなさんはもっていないでしょうか?

 

【顧問医師】