mail

ブラック企業シリーズ⑦~仕事減らしたらまずすること~

2021.3.30

W-GYMの顧問医師が現代社会の闇にメスを入れる!

大人気の「ブラック企業シリーズ」の第7回目。

 

今回のテーマは長時間労働などの

ブラック体制と決別したとして、

減らした仕事の時間の代わりに

何をしたらいいかについて考察します。

 

結論から申し上げます、それは運動です。

 

労働時間を減らし運動時間を増やす

スウェーデンの研究で、

歯科医院6か所で実験を行いました。

 

・週の労働時間を2.5時間減らして運動を増やす。

・2.5時間減らして運動はしない。

・現状維持。

 

以上の3パターンをランダムで従業員に割り振り、

自己申告による生産性と客観的な測定値を調べ、

生産性は、単位時間当たりで処置した

患者の数でも計測しました。

 

結果、運動あり、なしでも

労働時間を減らした人たちは

客観的な生産性が向上しました。

さらに、運動を増やしたケースでは

自己申告による生産性が向上し、

病気欠勤が減りました。

 

6%働かないだけでOK

週2.5時間の労働時間の短縮は

フルタイムを40時間としてわずか6%程度です。

それで効果があるのですね。

 

客観的な生産性が向上するってことは、

早く仕事が終われる可能性があります。

試したことがなかったから、

昔と同じように、周りと同じように漫然と

慣習的に労働条件を決めている可能性があります。

それでは効率の悪い方法を

ずっと続けているってことです。

 

こういう実地に即した実験を日本でもどんどんやって、

経営判断や、働く側に生かせていくといいですね。

短く働いて、それ以上の結果がでたら、

その方がいいに決まっていますからね。

 

【顧問医師】