mail

健康の秘訣!月に5時間○○しよう!

2021.6.15

心が不健康な状態になっていない?

コロナ禍という何とも言えない不安な状況下において、

何かイライラしてしまったり、

少々攻撃的な言動や行動を取ってしまったり、

長期的に見て有益なプランを考えられなくなったり、

そんな状態に陥っている人は少なくないでしょう。

 

この様な状況はまさに不健康であると言えます。

 

自然に触れるだけで変わる!

しかし、ほんの少しの工夫でその不健康状態から

脱却する事が出来ると言われています。

 

その工夫とは自然に触れることです。

 

住んでいる場所から簡単に

自然に触れられる場所があると、

人生が変わります。

 

具体的には、樹木が生えて、

海や川や水場があり、緑豊かといった環境です。

 

短時間でも触れれば、攻撃性が静まり、

創造性も高くなり、

心身ともに健康になることが分かっています。

 

よく考えると、いらいらしなくなったり、

新しいことが考えられるようになったり、

健康になるということは、

ほとんどの問題を解決しやすくなる

とも言い換えられませんか。

 

1か月に5時間触れる!

ではどれくらい自然に触れればいいかというと、

フィンランドの研究者によれば

最低1か月に5時間だそうです。

 

意外と少ないと思われるかもしれません。

でも実践してみると、かなり変わりますよ。

 

ここからは僕の経験になります。

僕の近くには大小の公園があって、

家の近くには小川が流れ、

自転車で少し行くと、大きな川があります。

さらに行くと、今は新緑が美しい

山のふもとまで行けます。

 

週末は1日中勉強したり、

東京や地方に出かけていることが多いので、

意識しないとほとんど建物や乗り物の中です。

そこで、週末は特に360度全周自然の場所に行って

1時間以上は過ごすようにしています。

 

大きな川のほとりで水の流れを

眺めるようにもしています。

 

習慣化してから、

時間に追われる感覚がリセットされたり、

一日の満足感が上がったり、

筋肉痛が和らいだりします。

 

副交感神経が上がってくるのが

身体感覚としてわかりますよ。

 

面白かったのは、

近所の友人とこの話をしたとき、

「私も川を眺めに行ってる!」

といった人が一人や二人でなかったことです。

なんとなく気づいているんですね。

 

月に5時間でいいので、

みなさんもぜひ取り入れてみてくださいね。

 

【顧問医師】