mail

本当に楽しいと感じている時間

2022.3.26

本当に楽しいと感じている時間は?

テレビを見ている時、

本当に楽しいと感じるのは13%とのこと。

1時間番組だとしたら10分以下です。

他の趣味の場合は34%でテレビの2倍以上

スポーツに至っては44%で3倍以上

本当に楽しいと感じているそうです。

 

この13%という数字は、

私にとっては多いなという印象です。

何故なら私はかつての暗黒時代、

1日中テレビをつけていました。

その上で同時並行でネットサーフィンも

していましたから……。

テレビはもはやB G Mというかついていないと

落ち着かない状態だったのです。

ですからとりあえずつけてみたけど、

全く面白くはないという感じです。

 

集中していると幸福度アップ!

さて、話を戻しましょう。

テレビよりもスポーツの方が

幸福に感じる時間が多いとしても、

余暇の時間を全てをスポーツに

充てられる訳ではありません。

例えば夜寝る前にいきなりラグビーの練習を

始める人はいませんよね。

ですからテレビ等の映像コンテンツそのものが

悪いと言っている訳ではありません。

 

人間は集中している時に

一番幸福を感じると言われています。

あまりにも受け身の姿勢でいると、

ほとんど何も楽しめないということが

この研究からわかります。

しかも私のように、同時に他のことをしていると、

さらに楽しめる時間は減ってしまいます。

また、スマホでTikTokを見ながら

バスケットボールをプレイできる人間はいませんし、

エステに行く感覚でぼーっとしながら

波に乗るサーファーはさらわれてしまいます

体を動かしている最中は、

ひたすら目の前に集中します。

 

スポーツや運動は、手間や努力は要るものの、

集中時間が長くて、

実りある満足感をもたらしてくれます。

 

目的を持ってテレビを見る

ちょっと話はそれますが、

動画などの受け身で見るコンテンツについて

私なりのおすすめをご紹介します。

 

とりあえず暇だから、ポテチを食べながら

ゴロゴロして垂れ流して見がちですが、

これはよくありません。

ある程度目的を持って選んでいくのがおすすめです。

番組や作品に対する楽しさが変わってきますよ。

 

時にはボーっとすることも必要ですが、

幸福度の高い人生を送る為の工夫として、

今回ご紹介したことを参考にしてみて下さい。

何事も目的を持って取り組むとよいですよ!

 

【顧問医師】