mail

腰痛や肩こりの治療に通い続ける不思議

2021.2.11

長引く腰痛や肩こり

腰痛や肩こりに悩まされる人は少なくないでしょう。

しかも必ずどこかでそれらの症状を

解決したいとお思いのはずです。

 

また多くの方が一度は整骨院の様な所へ

行ってみたという経験もあるでしょう。

一時的にはその症状が解消された方が多いはずです。

 

しかし、その症状緩和が一時的であって、

再発したらまた治療し、改善したけどまた再発……

といった循環に入ってはいないでしょうか?

 

あるいはもうこの症状は治らないのだと

諦めてはいないでしょうか?

 

今回はそんな負のループに入ってしまった皆様に

是非ご一読頂きたい記事を掲載します。

 

ただし、先に断っておきますが

今回の記事を読んでも症状が

改善するわけではありませんし、

当店が万能であるということでもありません。

 

そして整骨院といった施設への

アンチテーゼでもありません。

 

あくまでも、ご参考までに読み進めて下さい。

 

結果には原因がある。

痛みにまつわる身体のシステムは非常に複雑で、

実はよく分かっていないことも多いです。

 

確実に痛いはずなのに他のことに集中している時は

痛みを忘れているなんてことは珍しくありません。

 

しかしそれと同時に、なかなか痛みが治まらない

といった症状も散見されます。

 

腰痛や肩こりと言った症状は

まさにその代表例と言えるでしょう。

 

多くの方はその様な症状に対して、

マッサージの様なことを施してもらったり、

トレーナーにストレッチをしてもらったり、

場合によってはかなり時間を

かけて対処されることと思います。

 

実はこれらの対処法は

それほど的外れなものではありません。

 

マッサージやストレッチと言った行為には、

痛みの緩和という効果が認められています。

 

実際、それで一時的に痛みが緩和されたり、

身体が軽くなったりした経験をお持ちの方が多いと思います。

 

しかし、何故かぶり返すのです。

 

それを仕方ないと諦めるのは簡単ですが、

結果には原因があるはずですから、

痛みという結果には必ず原因が存在するはずです。

 

そう考えると、痛みという結果に対して、

ひとまず痛みの緩和という効果を与えただけで、

原因には訴求できていなかったのだと考えるべきです。

 

原因は多岐に渡る

腰痛や肩こりの原因はまさに多様です。

外的な要因で急激に痛みが出る場合もあれば、

不自然な動きの蓄積である日突然(のように感じる)

痛みが生じる場合もあります。

 

細菌やホルモンバランスの異常等を除けば、

多くの場合、動きが不自然である(変な動き)

ことが原因であると考えられます。

 

ということは、自然な動きが出来なくなったという

結果に対しての原因を探る必要もあります。

 

例えば、不適切なフォームでトレーニングを

続けていたということもあるでしょうし、

デスクワークの時間が長いとか

立ち仕事で突っ立っている時間が長い

ということもあるでしょう。

 

他にも心理的な側面からも考察が必要です。

 

ストレスで筋が緊張していることはよくありますが、

そのストレスが仕事によるものなのか、

家庭的なものなのか、それとも金銭的なものなのかと、

紐解いていく必要があるのです。

 

そう考えると、腰痛や肩こりには「これ!」といった

1つの対処法で済むわけがないことがよく分かります。

 

身体を整え、心を整える

この様に考えると、身体的なアプローチだけでは

腰痛や肩こりの問題は

解決しないだろうということになります。

 

しかし問題が心にあるからと言って、

腰が痛いから心療内科に行くという選択肢を

取る必要はないでしょう。

 

大切なことは、まず状態を整えることです。

 

心を整えると言うと少し抽象的すぎますので、

やはりここはパーソナルトレーナーらしく、

身体を整えることを推奨しておきます。

 

身体の状態が善くなれば、

心の状態は善くなります。

 

心身一如という言葉がありますが、

これは仏教の言葉で心と身体は

ひとつのものであるという意味です。

 

少々抽象的な表現ですが、

身体が伸びやかに動いていれば心もそうでしょうし、

身体が緊張しているということは

心のそれを現しているとみて問題ないでしょう。

 

身体が問題なく動く状態を作ることは、

心の問題を解決する糸口になり得るということです。

 

動きを整える

身体は自然の法則の中で動きます。

自然の法則に従えば筋は不必要に緊張しません。

しかし不自然な動きは筋に緊張を与え、

時として痛みなどの不快感として現れます。

これが俗にいう腰痛や肩こりというものです。

 

ということは、まず身体の動きを

自然な状態にすることが解決の為の

第1歩と考えてよいでしょう。

 

「ここの関節はこう動く」

といった地道な学習から、

「ここが動いたらここもこう動く」

といったダイナミックな動作学習まで、

丁寧に進めていけばよいのです。

 

そして、自然に動く身体を手に入れましょう。

 

次に、その自然体を崩すものが何かを

よくよく観察するのです。

 

「あ、この人に会うと緊張するな」

とか

「あ、この環境はストレスフルだな」

といった具合に、

自分の自然体が脅かされる状況が何かを知れば、

その現象への対処法を思案する事が出来ます。

 

これが多くの方に当てはまる

腰痛や肩こりの解決法なのだと考えています。

 

注意

繰り返しになりますが、

今回の話が全ての腰痛や肩こりの緩和に

当てはまるわけではありませんし、

場合によっては医師の診断に基づいた

適切な治療が必要な場合もあります。

今回の記事は参考までに、

適切な対応をされること強く推奨します。

 

【代表トレーナー】